フォトアルバム

カテゴリ

スズメの大喧嘩

  • S_dsc_6402_
    3月17日、多々良沼の白鳥の様子を見に出かけたら公園でスズメの大喧嘩に出会いました。近くの木の洞が巣にするのにちょうど良いらしく、その洞の取り合いのようです。双方必死の攻防で見ている私も途中で怪我でもするのではと心配になるほどでした。途中2回ほど私が見かねて喧嘩している2羽に近寄り離したのですが、またすぐに取っ組み合いを始める始末でした。スズメの喧嘩の仲裁に入ったのは初めてです、成功しませんでしたが。 一回戦最初からの経過時間を併記しておきますので、スズメの喧嘩スタイルを時間の流れを見ながらご覧ください。

ハジロカイツブリ・前橋嶺公園

  • S_dsc_1428_
    北関東の北の端の小さな池に飛来したハジロカイツブリ、冬鳥で海岸付近に来る鳥ですが迷ったのでしょうか。でも元気そうでした。飛来したのは10月上旬、飛来時期も少し早いですね。

2009年7月 オオタカ若・食事

  • S_dsc_90068_
    少し生々しい光景ですが、親が捕ってきた獲物を若鳥達が取り合いをして 独り占めした一羽が食べていました。警戒しながらなので時折キィーと甲高い鳴き声を出して周りを見回していました。

ルリビタキ 07-08冬

  • S_dsc_4621_
    07年~08年冬季は例年に無くルリビタキに多く会えました。身近な青い鳥として人気の高い小鳥です。

ビンズイ・冬のお馴染みさん

  • S_dsc_4182_
    あまり写真で紹介されない少し地味な小鳥ですが、冬の代表的な来訪者です。林の少し開けたところで群れでいるのをよく見かけます。春から秋にかけては山の森林で過ごします。セキレイの仲間なので同じように尻尾を上下に振ります。よく川原で見かけるタヒバリは色が褐色、耳の後ろの白斑がタヒバリにはありません。

2009年7月 オオタカ若 群馬県南部の公園にて

  • S_dsc_90062_
    2009年7月、群馬県南部の公園で出会ったオオタカ若鳥です。

三宅島で逢えた野鳥たち

  • Umineke03
    2008年5月14日に1泊で三宅島へ出かけました。まだ火山ガスの影響の残る島でしたが幸運にも島の代表的な野鳥たちに会えました

ゴイサギ達・近藤沼

  • S_dsc_0257_
    毎年秋になるとゴイサギ、ダイサギ、コサギたちが集まりだします。ここ群馬県の近藤沼でも昼はゴイサギ達、夜は他のサギ達が集まってネグラにしています。そのゴイサギ達の様子を見に9月下旬の晴れた日に出かけてみました。ゴイサギの幼鳥ホシゴイも沢山見られました。

アオゲラ接近・2008年初春

  • S_dsc_1539_
    2008年1月4日、出かけた前橋市大室公園で出会ったアオゲラ、久しぶりの接近遭遇でした。

シジュウカラ・2007年

  • S_dsc_1025_
    2007年中に出会ったシジュエカラから何枚かを あまりに身近な鳥でブログに載せる機会が少なく で、ちょっとまとめてみました。

可愛い毛糸球。エナガ

  • S_dsc_6808_
    小さな毛糸球に長い尾と小さなクチバシで枝から枝へとチリチリと鳴きながら群れで移動する可愛い小鳥です。

シメの大群・2008/02/07

  • S_dsc_3314_
    2008年2月6~7日高崎市群馬の森公園でシメの大群に会いました。もう北へ帰る準備でしょうか。

kenken's friends

Powered by Six Apart
Member since 01/2005

カテゴリ「ガビチョウ」の記事 Feed

2013-04-04

3月下旬前橋・南町公園で会えた鳥 カワセミなど

少し前、先月3/24に利根川沿いの南町公園で会えた小鳥達をアップしておきます。

カワセミ雄の小魚ゲット

S_ds7_0048_S_ds7_0049_
S_ds7_0051_
S_ds7_0056_
近所の利根川沿いの遊歩道は私のよく鳥見する散歩道ですが、その上流の橋の上から下を眺めているとカワセミが突然飛び出して小魚をゲットしました。

S_ds7_0058_S_ds7_0059_
かなり高い橋の欄干から下を見ての写真ですが何とかその様子を撮ることが出来ました。連続の写真でアップしてみます。

S_ds7_0060_S_ds7_0064_
かなり大きな魚でしたがサッと呑み込んで元の位置へ戻りました。この高い橋の上からカワセミを写したのははじめてです。

ツグミ

S_ds7_0105_S_ds7_0107_
この日は桜はまだチラホラで花見は無理でしたが、その桜の下の芝生では数羽のツグミが時折背伸びして周りを見回しながら食べ物を探していました。左の写真の下にツグミがいます、小さいけれど。

S_ds7_0084_S_ds7_0085_
桜の木にいるツグミ、桜はまだでしたが。

ヒヨドリと桜

S_ds7_0119_
定番の図ですが桜の花の花粉でくちばしの先を黄色くしている図です。

S_ds7_0122_S_ds7_0125_
桜にヒヨドリをもう一枚、そして花はコブシですがその写真も

オナガとムクドリ

S_ds7_0143_S_ds7_0146_
公園内には時折オナガとムクドリが集団でやって来ます。

アカゲラとガビチョウ

S_ds7_0154_S_ds7_0183_
さて帰ろうかなと思っていたら目の前の木にアカゲラが、枝被りでしたが証拠に一枚、さらに近くの葦原で騒ぐ鳥を見たらガビチョウでした。どちらも証拠程度です。

シメ

S_ds7_0090_
S_ds7_0086_
S_ds7_0069_
ツグミとともに冬の代表的な小鳥の一つ、数は少なくなっていましたが時折姿を見せていました。

アオジ

S_ds7_0079_
最後にアオジを大きく、葦原のなかを飛び回っていました。

桜はまだという3月下旬のこの時期の鳥見としてはマアマアの成果でした。

2013-01-20

雪の嶺公園鳥見(3) ルリビタキ・シジュウカラ他

S_s_d3b_5650_
(シジュウカラ・ミヤマホオジロ雄・ヤマガラ)

雪の後の嶺公園での鳥見で会えた鳥にルリビタキ雌がいます。その他の会えた野鳥をアップしてみます。

ルリビタキ雌

S_d3b_5638_S_d3b_5639_
S_d3b_5635_
S_dsc_1306_
会えたのは雌のみでしたが今冬初めての出会いでした。

ジョウビタキ雌

S_dsc_1058_S_dsc_1112_
ルリビタキの雌と良く似ていますね、尾のブルーの色を除いては。今冬は雄にはなかなか会えません。ちょっと見ただけなら何回かありますが。

シジュウカラ

S_dsc_1250_
S_dsc_1083_
S_dsc_1092_
S_dsc_1096_
S_dsc_1104_
ヤマガラと一緒に来る常連なのであまりカメラを向けませんが結構表情もあって面白い小鳥です。

シロハラ

S_dsc_1128_S_dsc_1177_
冬飛来する常連の鳥で、落葉を引っ掻き回しながら食べ物探しをよくしています。

ホオジロとツグミ

S_dsc_1074_S_dsc_1224_
ちょっとだけホオジロに会えました。ツグミは上の公園の芝生の回りによくいます。

ガビチョウ

S_dsc_1192_S_dsc_1201_
特定外来種ですが、ここ嶺公園ではカオジロガビチョウの方が多かったのですが最近はこのガビチョウも見かけるようになりました。群馬にはソウシチョウ、ガビチョウ、カオジロガビチョウと3種の外来種がいるようになりました。いずれコジュケイと同じく日本の鳥になるのかもしれません。既にそうなっている感もありますが。

暫らくしたら又この嶺公園を訪れて見るつもりです。

2010-12-22

最近近所の利根の河原で気になる外来鳥・カオジロガビチョウ

近所の利根川沿いでこのところ目立つようになった小鳥が特定外来生物のカオジロガビチョウです。

S_d3a_9279_ 今年の7月に川沿いの遊歩道で見かけたカオジロガビチョウをアップしていますが、ますますその存在感を高めているようです。昨日は赤城山麓の嶺公園、今日は近所の利根川沿いを軽い鳥見散歩をしたのですが、出会えた冬の小鳥はシメとカシラダカくらいと少なかったのですが、このカオジロガビチョウは常に周りで騒いでいました。

S_d3a_9222_ S_d3a_9276_ ビョービョーとあまり綺麗でない大きな声で数羽で飛び回っていました。

S_d3a_2816_ 昨年の今頃ちょっと話題になったのが藤岡のガビチョウ、ガビチョウ(左写真)という名ですがカオジロガビチョウとは別種、こちらの方も困った外来種です。このガビチョウも近所の河原でよく見られるようになりました。

Photo カオジロガビチョウは県の広報サイトで報告されているように1990年に大間々(現みどり市)で発見、以後赤城山の南面を中心に広がりました。私が近所で確認したのは去年、その時には南の埼玉や碓井を越えて長野へも時間の問題かといっていました。冗談ではないようで、今は近所の煩い小鳥のひとつになっています。

外来鳥類の仲間にコジュケイがいますがこちらはもう公認された国内の鳥、カオジロガビチョウもガビチョウもそう遠くない未来にはコジュケイのようになるのでしょう。競合するウグイスなど藪の中にいる小鳥に影響が出ないよう願うのみです。

2010-11-08

半年振りに庚申山公園へ、シメ・ヒガラなど冬の鳥に会えました。

半年振りですね、藤岡の庚申山公園へ冬の鳥達に会いに出かけてみました。池にはマガモ達がカルガモに混じってゆっくり休んでいました。エクリプス途中のも見られました。

S_d3a_7710_ まだ小鳥達は緑の多い木立の梢の上のほうで騒いでいてなかなか姿を見せてくれませんが、エナガやシメが何羽かの群れで木立の中を移動していました。

 

S_d3a_7829_

 

シメに会えたのは半年振り、ちょっと懐かしかったです。

以下に今日会えた他の鳥達の写真をアップしてみます。

 

 

 

 

 

S_d3a_7800_ S_d3a_7799_ ビックリしたのはヒガラに会えたこと、今年の1月2月に会えていますがほぼ1年前、こんなに早く会えるとは思っていませんでした。

他の会えた小鳥たちの写真を挙げてみます。

S_d3a_7700_ S_d3a_7806_ シジュウカラ、年中会えるのですがやはり冬の時期に里へ降りてくる冬の鳥さんですね。

S_d3a_7758_ S_d3a_7753_ ヤマガラ、やはり冬季に多く会える可愛い小鳥です。右はひっくり返って何か探しているところ。チョコチョコ・クルクルよく動き回ります。

S_d3a_7818_ S_d3a_7769_ もうこの公園の立派な住人になった感のガビチョウと少し離れた桜の枝をチョンチョン跳ねるように飛び回っていたメジロ、証拠程度ですが。

今年の3月末から9月まで私のがん治療でこの野鳥ブログも飛び飛びになってしまいましたが、これからは冬の鳥を中心に昨冬同様鳥見写真を継続したいと思っています。まだ隔週で抗癌剤点滴治療が続きますが野鳥に会う喜びを糧に頑張りたいと思っています。今後とも皆様どうぞ宜しくお願いいたします。

2010-07-10

ガビチョウ・カオジロガビチョウ 利根川沿いで

今朝(7/9)、昨日の雨も上がっての早朝散歩でカオジロガビチョウに会いました。S_d3a_6887_ 10日ほど前に同じ川筋でガビチョウに会っているので、赤城山のカオジロガビチョウと藤岡のガビチョウがここで出会ったのかと複雑な心境になりました。

S_dsc_5643_ このカオジロガビチョウは遊歩道沿いの民家の潅木に2羽でビョービョーとうるさく騒いでは近くの川原間を往復していました。

S_dsc_5672_ その近くの川原の潅木ではホオジロが縄張り宣言を盛んにしていて、

S_dsc_5700_ またキジバトが一生懸命巣材を運んで巣作りに励んでいました。

このカオジロガビチョウとガビチョウの双方がこの川原で普段目にする小鳥になってゆくのかと少し複雑な思いになりました。同じ外来種にコジュケイもいてやはりこの川原でチョットコーイと盛んに鳴いています。にぎやかな朝でした。

2010-03-03

餌台に集まる小鳥たち・庚申山と嶺公園 2010年2月下旬

  今年もあっという間に3月、春になりました。月日の経つのは速いものですね。最近少し体調を崩してしまい検査の連続でなかなか鳥見に出られないので、今日はいつもの公園で先月の後半に会えた小鳥たちの、それもいつもの餌台に集まる様子を何枚かアップしてみることにします。S_d3a_5476_ S_d3a_5283_ S_d3a_5458_ 嶺公園でも庚申山公園でも冬季餌台に集まってくるのはやはりシジュウカラ、大抵何羽もの群れで賑やかにひまわりの種などを漁ってゆきます。上の最後のシジュウカラは水浴びの途中で飛んで来たのかもしれません。頭が大分乱れています。

S_d3a_5309_ S_d3a_5287_ S_d3a_5238_ 何といってもこの餌台に来る冬の鳥といえばミヤマホオジロ、今年は数はそんなに多くありませんでした。上の最初は雌、次は雄のミヤマホオジロとカシラダカ、そして最後はアオジ、カシラダカと雌のミヤマホオジロが一緒に餌台にいるところです。

S_d3a_5265_ S_d3a_5503_ 餌台のひまわりの種を好んで食べるのにヤマガラがいます。どちらの公園でもシジュウカラに次いで多く餌台に飛来します。

S_d3a_4417_S_d3a_5324__2 S_d3a_5329__2  ミヤマホオジロに次いでカメラを向けたくなる小鳥ルリビタキもこの餌台に来ますね。特に雌のルリビタキのテリトリー内にこの餌台はあるようなので。

S_d3a_4116__2上の ルリビタキ雄は餌台より少し下の池の辺りをテリトリーにしているようです。

S_d3a_4185_ S_d3a_5028_ 最後に餌台には乗りませんが近くの枯葉をひっくり返しながら餌さ探しをするビンズイとあまり歓迎されない外来種のガビチョウです。

2010-02-03

雪の日の鳥見・庚申山公園

2年ぶりの雪の日の翌日(2010/2/2)まだ小雪が降る中を庚申山公園へ小鳥の餌持参で出かけてみました。この寒い中小鳥たちがどうしているか気になったことと沢山の写真を撮らせてもらっているそのお礼の意味を込めてのお土産持参でした。

S_dsc_4298_ S_dsc_4297_ その到着直後に姿を見せてくれたのがオオタカ、林の中の小鳥たちが一斉に動いたのでその方を眺めてみると枝にオオタカがいました。狩をしていたのかどうかわかりませんが、暫らくあたりを眺め回してから何処かへ移動してゆきました。

S_dsc_4325_ S_dsc_4345_ その後現れたのはガビチョウアオジ、どちらもいつになく多く出てきていました。

S_dsc_4365_ S_dsc_4372_ 撒いた餌に呼ばれるようにアオジが多数藪の中から出てきました。

 Dsc_4352_ Dsc_4358_ その写真を何枚か連続でアップしてみます。

S_dsc_4380_                最後に少し雪の中のアオジを大きく

ガビチョウとアオジの食事場面と雪の上でのアオジの食事風景をデジ一眼(D90)ビデオで撮りました。

http://www.youtube.com/watch?v=Q_ixcJCiIAk

Youtubeで1分50秒あります。後半がアオジのみの食事風景です。

2010-01-25

2010/1/24 嶺公園で会えた鳥 カシラダカ・シロハラ・ルリビタキ雌

S_d3a_4780_ この日、駐車場下の湿生花園で藪の中からちょっと顔を見せてくれたルリビタキ雌

S_d3a_4852_ S_d3a_4856_ カシラダカ 冬季のお馴染みさんです。が、なかなかアップで撮らせてくれません。遊歩道に出て来たところです。

S_d3a_4826_ S_d3a_4820_ シロハラ、あまり群れは作らないのですが、単独で落葉を掻き分けて餌さ探しをよくしています。冬のお馴染みさんですが、ちょっと地味な鳥です。

昨年末、藤岡の庚申山公園でこのシロハラの餌さ探しの様子をビデオに撮っています。宜しければそのページをご覧ください。ガビチョウも一緒に写っていますが。

http://kenken.kazelog.jp/yachou/2009/12/post-f324.html

S_d3a_4776_ なおこちら嶺公園はカオジロガビチョウ、姿も鳴き声もかなり違います。どちらも特定外来種、ちょっと困った鳥です。

2009-12-27

シロハラ・ガビチョウの落葉飛ばし 藤岡・庚申山公園

S_d3a_3530_ 2009/12/24 クリスマスイブの日いつもの庚申山公園へ出かけてみました。お目当てはルリビタキでしたがそれには会えずで

S_d3a_3573_ S_d3a_3574_ 代わりにシロハラが盛んに落葉を飛ばして餌さ探しをしている場面に出会いました。

S_d3a_3611_ それを真似たのかガビチョウもその餌探しに加わり仕舞にはスズメたちも混じって賑やかな食事風景になりました。

そのえさ探し場面のビデオを下に、約50秒AFのノイズが入ってしまいました。

http://www.youtube.com/watch?v=IMeYbA1vQjs

終わりにもう一枚シロハラを

S_d3a_3568_

2009-12-18

突然寒くなって、小鳥たちもフックラしていました・庚申山公園

今日は全国的に寒く大雪警報も出た地域もあり、その冷たい風も肌を刺すようでした。そんななか藤岡の庚申山公園へ出かけてみました。会えた小鳥たちはみな心なしかフックラとしていていました。寒かったのでしょう。S_d3a_3327_ なかでもジョウビタキ雄は公園の手すりの上で身体を完全にボール状にして日向ぼっこしていました。しばらく動きませんでしたね。

S_d3a_3170_ スマートなビンズイも枝の上で少し膨らんでいるように見えました。

S_d3a_3238_ 同じくモズ雌

その他今日会えた鳥たちを

S_d3a_3302_ S_d3a_3295_ ミヤマホオジロ雄

アオジミヤマホオジロ雌

S_d3a_3264_ S_d3a_3185_ カシラダカガビチョウ、カビチョウは数が増えたようです。

困った鳥ですがガビチョウには罪は無いし。

今日会えた小鳥たちをビデオで、Youtubeで1分30秒ほどです。

http://www.youtube.com/watch?v=jwQjL84SlRE

リンク

  • kenkenのPhoto_BBS
    野鳥写真の掲示板ですが、花でも景色でも 写真なしでも結構です。ちょっと寄ってみて下さい。
  • kenkenの「野鳥とともに」・散歩写真 
    kenkenの野鳥関連のメインページです。 只今ちょっと休憩中です。
  • 日本野鳥の会・群馬県支部
    日本野鳥の会群馬県支部のホームページです。活動内容や探鳥会案内、野鳥の会会員による野鳥写真のギャラリーや県内の野鳥のカタログページになっているアルバムもあります。
  • 日本野鳥の会群馬県支部・ブログ
    日本野鳥の会群馬県支部の公式情報ブログサイトです。掲示板や探鳥会案内、県内外で観察された野鳥写真集など。
  • 野鳥とともに・何でもBBS
    kenkenが管理しているPhotoBBSです。野鳥ばかりでなく花でも虫でもの「何でもPhoto BBS」です。大きな写真でも枚数が多くても(10枚まで)投稿できます。皆様どうぞお立ち寄りください。

カテゴリ

ウェブページ