フォトアルバム

カテゴリ

スズメの大喧嘩

  • S_dsc_6402_
    3月17日、多々良沼の白鳥の様子を見に出かけたら公園でスズメの大喧嘩に出会いました。近くの木の洞が巣にするのにちょうど良いらしく、その洞の取り合いのようです。双方必死の攻防で見ている私も途中で怪我でもするのではと心配になるほどでした。途中2回ほど私が見かねて喧嘩している2羽に近寄り離したのですが、またすぐに取っ組み合いを始める始末でした。スズメの喧嘩の仲裁に入ったのは初めてです、成功しませんでしたが。 一回戦最初からの経過時間を併記しておきますので、スズメの喧嘩スタイルを時間の流れを見ながらご覧ください。

ハジロカイツブリ・前橋嶺公園

  • S_dsc_1428_
    北関東の北の端の小さな池に飛来したハジロカイツブリ、冬鳥で海岸付近に来る鳥ですが迷ったのでしょうか。でも元気そうでした。飛来したのは10月上旬、飛来時期も少し早いですね。

2009年7月 オオタカ若・食事

  • S_dsc_90068_
    少し生々しい光景ですが、親が捕ってきた獲物を若鳥達が取り合いをして 独り占めした一羽が食べていました。警戒しながらなので時折キィーと甲高い鳴き声を出して周りを見回していました。

ルリビタキ 07-08冬

  • S_dsc_4621_
    07年~08年冬季は例年に無くルリビタキに多く会えました。身近な青い鳥として人気の高い小鳥です。

ビンズイ・冬のお馴染みさん

  • S_dsc_4182_
    あまり写真で紹介されない少し地味な小鳥ですが、冬の代表的な来訪者です。林の少し開けたところで群れでいるのをよく見かけます。春から秋にかけては山の森林で過ごします。セキレイの仲間なので同じように尻尾を上下に振ります。よく川原で見かけるタヒバリは色が褐色、耳の後ろの白斑がタヒバリにはありません。

2009年7月 オオタカ若 群馬県南部の公園にて

  • S_dsc_90062_
    2009年7月、群馬県南部の公園で出会ったオオタカ若鳥です。

三宅島で逢えた野鳥たち

  • Umineke03
    2008年5月14日に1泊で三宅島へ出かけました。まだ火山ガスの影響の残る島でしたが幸運にも島の代表的な野鳥たちに会えました

ゴイサギ達・近藤沼

  • S_dsc_0257_
    毎年秋になるとゴイサギ、ダイサギ、コサギたちが集まりだします。ここ群馬県の近藤沼でも昼はゴイサギ達、夜は他のサギ達が集まってネグラにしています。そのゴイサギ達の様子を見に9月下旬の晴れた日に出かけてみました。ゴイサギの幼鳥ホシゴイも沢山見られました。

アオゲラ接近・2008年初春

  • S_dsc_1539_
    2008年1月4日、出かけた前橋市大室公園で出会ったアオゲラ、久しぶりの接近遭遇でした。

シジュウカラ・2007年

  • S_dsc_1025_
    2007年中に出会ったシジュエカラから何枚かを あまりに身近な鳥でブログに載せる機会が少なく で、ちょっとまとめてみました。

可愛い毛糸球。エナガ

  • S_dsc_6808_
    小さな毛糸球に長い尾と小さなクチバシで枝から枝へとチリチリと鳴きながら群れで移動する可愛い小鳥です。

シメの大群・2008/02/07

  • S_dsc_3314_
    2008年2月6~7日高崎市群馬の森公園でシメの大群に会いました。もう北へ帰る準備でしょうか。

kenken's friends

Powered by Six Apart
Member since 01/2005

カテゴリ「ビンズイ」の記事 Feed

2013-02-24

庚申山公園・2月16日に会えた鳥達

R_dsc_2131__trim
2月中旬の16日、藤岡の庚申山へプチ鳥見に出かけてみました。その遊歩道をカメラの先導をするかのように群れで移動していたのがビンズイです。だるま池の方へと映画「大脱走」のようにバラバラと走って行く光景が印象的でした。

S_d3b_6085_S_dsc_2113_
そのビンズイです。

S_dsc_2080_
この公園でいつでも顔を見れるルリビタキの雄です。

S_dsc_2092_S_dsc_2094_
人やカメラをあまり気にしないのは慣れている所為でしょうか。

S_d3b_6077_S_d3b_6081_
この日はアオジにも多く会えました。お土産の餌に多数集まりました。

S_d3b_6074_
そのアオジのアップ写真も。

S_d3b_6070_S_d3b_6071_
ヤマガラもお土産に置いたヒマワリの種を求めてやって来ました。

S_d3b_6100_
だるま池の付近はこのジョウビタキ雌のテリトリーらしく、長くカメラの被写体になってくれました。

S_d3b_6115_S_dsc_2120_
きっと同じジョウビタキ雌ですね、だるま池の近くで。

S_dsc_2137_S_dsc_2142_
雄のジョウビタキにもそのだるま池の奥を登った先の峠で会えました。

2013-01-26

昨日、庚申山公園で会えた野鳥達

S_d3b_5733__2
(庚申山公園・だるま池)

今日から来週初めにかけてかなり強力な寒波が来るとのこと、鳥見散歩も私の身には厳しくなりそうです。そのためという訳ではありませんが藤岡の庚申山公園へ野鳥の様子を見にプチ鳥見をしてきました。短時間にもかかわらずルリビタキやヒガラなどに接近して写真を撮ることが出来ました。

S_dsc_1424_
ルリビタキ雄

S_dsc_1438_
ミヤマホオジロ雌

S_dsc_1519_
ヒガラ、以前多々良でも会っていますが今年は多い感じです。

S_dsc_1510_S_dsc_1516_
S_dsc_1518_
S_dsc_1520_
S_d3b_5775_
かなり接近して撮ることができたので上に何枚か

S_dsc_1461_S_d3b_5746_
シジュウカラジョウビタキ雌

S_dsc_1486_
S_dsc_1477_
S_dsc_1481_
ビンズイ

S_d3b_5742_S_d3b_5737_
アオジ・セグロセキレイ セグロセキレイをアップするのは久しぶりです。

2013-01-07

ルリビタキの雄に会えました・庚申山公園

S_d3b_5417_
今日、今年2回目の庚申山鳥見でようやくルリビタキ雄に会えました。背のブルーを見たのは2年ぶりでしょうか、懐かしかったです。

S_dsc_0712_S_dsc_0715_その飛翔姿も撮ったのですが背景に露出をとられてシルエット、なんとか色を出したのですが??の写りでした。

S_d3b_5431_S_d3b_5421_
他にアオジの雄と雌

S_d3b_5456_S_d3b_5441_
ミヤマホオジロビンズイに会えました。ビンズイは群で遊歩道脇の潅木の下を走り回っていました。

S_dsc_0774_
下の池ではマガモ達が凍った水面で昼寝をしていました。食べ物はどうしているのだろう?。

もう少し良い写真を撮りたいので近いうちにまたこの公園へ来ようと思います。

2012-12-22

ソウシチョウが増えていますね 藤岡庚申山公園

昨日冬至の日、藤岡の庚申山公園へ出かけてみました。

S_dsc_0324__2_2
ここは10年近く前から私の野鳥写真のメインにしているフィールドですが、2年半ほど体調を崩して休んでいたのでお馴染みの冬の鳥に会えるか心配でした。

S_dsc_0333_
S_dsc_0388_
S_d3b_5092_
ビックリしたのはソウシチョウ、相思鳥と書かかれ色合いの綺麗な声も良い小鳥ですが特定外来種で、以前ここで会った時には相当問題になりましたその記事にリンクしています。

S_dsc_0338_S_dsc_0354_でも、ここまで多く見られるようになってくると昔狩猟用に導入したコジュケイ同様日本の野鳥になってゆくのでしょうね。

ミヤマホオジロ

T_dsc_0450_S_dsc_0464_S_dsc_0405_
この公園の冬のお馴染みさん、ミヤマホオジロの雄にも会えてホッとした一日でした。下右の写真はカシラダカ、ミヤマホオジロとともに移動していました。

ビンズイ

S_dsc_0476_この黄緑色のセキレイに良く似た小鳥も私には馴染みの冬の小鳥です。夏は山の森にいて冬場里へ下りて来る鳥で、この日も群れで潅木の下を走り回っていました。

S_dsc_0471_S_dsc_0470_
地面に下りて食べ物探しの場面ですが、左上の飛び立った鳥はミヤマホオジロです。

ヤマガラ

S_dsc_0416_S_dsc_0444_
S_dsc_0377_
年間を通して会えますがやはり冬場は平地に下りて餌探しをするので私には冬の小鳥さんです。やはり群れで行動することが多くてなにやら3羽が顔を付き合わせて相談事をしているような風景もみられました。

他にアオジやシジュウカラなど沢山のお馴染みさんに出会えました。定期的にこれからもこの公園へ鳥見に出かけようと思っています。写真はシジュウカラの飛び立ちです。

なお、この公園でミヤマホオジロに会えるということで県外から毎日のように何人か朝早くから訪れています。それは良いのですが、写真写りが良いようにと石をどかしたり木片をよく小鳥が乗る石の上に置いたり、散歩している人に威圧感を与えるようなグループでの行動が目立ち問題になっているようです。困ったものです。

2010-12-17

ヒガラに会えました、ルリビタキ・ビンズイにも 庚申山公園

D3a_9073_ 今日午前中ですが藤岡庚申山公園へ出かけてみました。ヒガラがヤマガラやシジュウカラに混じって姿を見せてくれました。

D3a_9053_ D3a_9075_ あまり近くに寄ってくれない小さくて忙しく動き回る小鳥です。もう2枚ほどアップしてみます。

ルリビタキ雌・ビンズイ

D3a_9041_ D3a_9037_ 半年ぶりの再会、今年は私の病気のこともあって再会が遅れました。ルリビタキは証拠程度、雄も来ている筈ですが会えませんでした。

エナガ

D3a_9013_ D3a_9042_ この小鳥を大きく撮るのは難しいです。チリチリと群れで騒ぎながら移動しています。久しぶりに近くで撮れました。

アオジ・ヤマガラ

D3a_9029_ D3a_9044_ ヤマガラはこの公園で今一番元気な小鳥でしょうか、群れで移動しながら騒がしく食事しています。

D3a_9006_ 最後にアオサギ、松の木のてっぺんに止まっていました。折角ですので大きくアップしてみます。

2010-03-24

春ですね、桜はまだですが 庚申山の小鳥たち 2010/3/22

アオジ

S_d3a_6365_ S_d3a_6373_ まだ冬の小鳥たちがいるかなと藤岡・庚申山公園へ出かけてみました。いつもの餌台にお土産を置くとすぐに出てきたのがアオジ、もうすぐ山の森や草原へ移動して良い声で囀るのでしょう。上左のアオジは雄と雌、頭部の色合いがかなり違います。

S_d3a_6389_ S_d3a_6399_ その餌台にはスズメもやって来てアオジと一緒に食事をしていました。

そういえば2月の始めの雪の日にもアオジとここでたっぷり遊びました

ヤマガラ

S_d3a_6467_ S_d3a_6441_ ここの常連さんですが、お目当てはヒマワリの実、くわえるとサッと近くの枝へ飛び移ってコンコンと実を叩き割ります。

桜の新芽と小鳥たち

S_d3a_6534_ この餌台の近くに何本か桜の木がありますが、その新芽をチョンチョン突っつく小鳥も。左のヤマガラはその新芽をくわえていますが食べたかどうか??です。

S_d3a_6406_ S_d3a_6418_ スズメもその桜の枝で一休みしていました。

ミヤマホオジロ

S_d3a_6511_ 矢張りこの餌台の常連の真打はミヤマホオジロですね。そろそろ北へ帰る筈ですがまだ会うことが出来ました。

S_d3a_6517_ S_d3a_6545_ 雄雌一緒に食事をしているところを見るとペアでしょうか。来冬もここへ来て欲しいものです。

S_d3a_6482_ カワラヒワ

珍しくカワラヒワがこの餌場の下の水を飲みに来ました。餌台には乗りませんでした。

釣り餌台

S_d3a_6401_ S_d3a_6550_ 近くの枝に小さなカップが下がっていてそこからヤマガラやミヤマホオジロがヒマワリの種などを持ってゆきます。

S_d3a_6354_ S_d3a_6368_ 最後にビンズイも、まだここに居てくれました。そしてシジュウカラとアオジです。

2010-03-03

餌台に集まる小鳥たち・庚申山と嶺公園 2010年2月下旬

  今年もあっという間に3月、春になりました。月日の経つのは速いものですね。最近少し体調を崩してしまい検査の連続でなかなか鳥見に出られないので、今日はいつもの公園で先月の後半に会えた小鳥たちの、それもいつもの餌台に集まる様子を何枚かアップしてみることにします。S_d3a_5476_ S_d3a_5283_ S_d3a_5458_ 嶺公園でも庚申山公園でも冬季餌台に集まってくるのはやはりシジュウカラ、大抵何羽もの群れで賑やかにひまわりの種などを漁ってゆきます。上の最後のシジュウカラは水浴びの途中で飛んで来たのかもしれません。頭が大分乱れています。

S_d3a_5309_ S_d3a_5287_ S_d3a_5238_ 何といってもこの餌台に来る冬の鳥といえばミヤマホオジロ、今年は数はそんなに多くありませんでした。上の最初は雌、次は雄のミヤマホオジロとカシラダカ、そして最後はアオジ、カシラダカと雌のミヤマホオジロが一緒に餌台にいるところです。

S_d3a_5265_ S_d3a_5503_ 餌台のひまわりの種を好んで食べるのにヤマガラがいます。どちらの公園でもシジュウカラに次いで多く餌台に飛来します。

S_d3a_4417_S_d3a_5324__2 S_d3a_5329__2  ミヤマホオジロに次いでカメラを向けたくなる小鳥ルリビタキもこの餌台に来ますね。特に雌のルリビタキのテリトリー内にこの餌台はあるようなので。

S_d3a_4116__2上の ルリビタキ雄は餌台より少し下の池の辺りをテリトリーにしているようです。

S_d3a_4185_ S_d3a_5028_ 最後に餌台には乗りませんが近くの枯葉をひっくり返しながら餌さ探しをするビンズイとあまり歓迎されない外来種のガビチョウです。

2010-01-31

今年もひと月経ちました、庚申山の鳥たち

2010年もひと月過ぎました。月日の経つのは速いものですね。今年の庚申山公園では去年は沢山いたアトリはまだ見られず、他の冬のお馴染みさんたちもその数が少なくなっているような気がしています。昨今の暖冬などの影響なのかもしれません。

そのお馴染みさんたちの写真を今月の締めとして載せてみます。

S_d3a_5065_ S_d3a_5062_ ミヤマホオジロ雄と雌

冬の野鳥の数も種類も少なくなっている中、今年も例年通り会えてホッとしている鳥です。

S_d3a_5103_ S_d3a_5089_ カシラダカにビンズイ

この2種は数が減ったような気がします。ビンズイは下の水場で水飲みをしているところ

S_d3a_5052_ S_d3a_5160_ アオジにシロハラ

この日はなぜかアオジが多く見られました。写真は目先の黒味が薄いので雌でしょう。

S_d3a_5124_ S_d3a_5120_ ヤマガラにシジュウカラ

2010-01-07

今年初めての庚申山公園の鳥見

前回のルリビタキの他に会えた小鳥たちを挙げてみます。

S_d3a_4100_

S_d3a_4099_ S_d3a_4082_ ジョウビタキ♂、この日は寒かったので少し丸くなっています。更にフックラと丸いジョウビタキを先日寒かった日に見ました。

S_d3a_4069_ S_d3a_4140_ アオジの雄と雌、雄は目先とくちばしの間が黒く頭全体も黒っぽいです。

S_d3a_4129_ S_d3a_4131_ 風が強くこのアオジの胸の羽が風でめくれ上がっていました。

S_d3a_4149_ さてこのアオジは雄雌どちらでしょう

S_d3a_4188_ S_d3a_4182_ ビンズイ、今年は数が少し少ないみたいですが盛んに藪の中を走り回っていました。

S_d3a_4213_ ミヤマホオジロ雌

S_d3a_4219_ S_d3a_4222_ この日は雄には会えませんでした。冠羽を普通は立てていますが、仕舞っている場面も。

S_d3a_4063_ S_d3a_4207__2 カシラダカ、冬のお馴染みさんです。アオジやミヤマホオジロも混じって多数が遊歩道に出てきていました。

S_d3a_4248_ シジュウカラ、何かメッケの図

S_d3a_4242_ S_d3a_4243_ 終わりにもう2枚シジュウカラを、くわえているのはひまわりの種でしょうか。

2009-12-27

ツグミとビンズイ 藤岡・庚申山公園

S_d3a_3649_ 2009/12/24 藤岡の庚申山公園であったツグミとビンズイです。毎年冬になると会えるお馴染みさんですが、今年は数が少ないみたいでした。

S_d3a_3648_ S_d3a_3654_

S_d3a_3693_ S_d3a_3663_ ビンズイには先日会えていますが数が少ないみたいですね。それから水を飲んでいるヤマガラも載せてみます。

枝に止まっているビンズイは先日記事にしましたが、今回もツグミとビンズイのビデオを載せてみます。

http://www.youtube.com/watch?v=wYtIolPlJsU 約1分10秒です。

S_d3a_3701_ S_d3a_3708_ 終わりにこの日会えたジョウビタキ雄も。先日会えたフックラ丸くなった個体と同じかどうかは不明です。

リンク

  • kenkenのPhoto_BBS
    野鳥写真の掲示板ですが、花でも景色でも 写真なしでも結構です。ちょっと寄ってみて下さい。
  • kenkenの「野鳥とともに」・散歩写真 
    kenkenの野鳥関連のメインページです。 只今ちょっと休憩中です。
  • 日本野鳥の会・群馬県支部
    日本野鳥の会群馬県支部のホームページです。活動内容や探鳥会案内、野鳥の会会員による野鳥写真のギャラリーや県内の野鳥のカタログページになっているアルバムもあります。
  • 日本野鳥の会群馬県支部・ブログ
    日本野鳥の会群馬県支部の公式情報ブログサイトです。掲示板や探鳥会案内、県内外で観察された野鳥写真集など。
  • 野鳥とともに・何でもBBS
    kenkenが管理しているPhotoBBSです。野鳥ばかりでなく花でも虫でもの「何でもPhoto BBS」です。大きな写真でも枚数が多くても(10枚まで)投稿できます。皆様どうぞお立ち寄りください。

カテゴリ

ウェブページ